2008年5月19日OPEN !
いらっしゃいませ あなたは
引越し先のブログ更新情報
P
InstagramにもUP
Powered by 複眼RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全力教室 片づけコンサルタントの近藤麻理恵さん の授業 見ましたか?

不要品がまだまだ出てくる なぜ?な


簡単DIYと整理収脳でココロとお部屋のおかたづけ
大阪北摂 豊中市のライフオーガナイザー西海佳世です


加藤浩次さん 司会の、『全力教室』

東進予備校の林先生をはじめ、さまざまな分野の第一線で活躍する方々が講師となり授業をしてくれるという、わたくし大好きな番組

昨日は、片づけコンサルタントの近藤麻理恵さんでした。


こんまり 
私もどちらかというと、片付け大好き高校生だったので、こんまりさんに共感が持てるものの
先日も書いたように、モノを捨てるということが苦手でした。
http://3hotnet.blog50.fc2.com/blog-entry-432.html

こんまりさんは、捨て魔だったそう。 捨てすぎて倒れたとか。
私は、捨てられないから巷でリサイクルという言葉が言われるようになる前から、フリマとかやってきたわけなんですが・・・

実践的な片付けのテクニック さすがまとめ方が素晴らしかった。

まず最初の
どうなりたいか。どんなふうに生活したいか。考える 

そう、そうなんですね~ 

◆人を呼べるように
◆家でパン教室ができるように
◆くつろげるスペースが欲しい
◆床にモノを置いてない状態に(ルンバが役立つように)
◆働いているから家事動線を短く、時短家事が可能なように
◆思い出のものをぱっと見られるように
◆子供部屋を作りたい
◆モデルルームみたいにしたい


などなど、人それぞれの思いはひとりひとり違います。
まずは考える。何のために片付けをしたいのかを。

ライフオーガナイザー的にも一番大切にする部分。

片付けたいの度合いも人それぞれ 
人が見て片づいていなくても、その人がよければそれでいいんです。

時間はかかります。魔法のようにはいきません。
数日でできる人もいれば、何年もかかる場合も。
ですが、お片づけ力を高めるといろいろなおまけもついてくる。幸せもやってくるのは事実。

片付けながら、悩んだり。反省したり。後悔したり。喜びがあったり。嬉しいこと思い出したり。

走馬灯のようにいろいろな思いと向き合うことで、今後の生き方までもが変わるのがおかたづけ。

ですが・・・お片付けは一生に一度だけとこんまりさんは言ってました。
ですが、私はそう思いません

何十年も生きてきた間に手に入れた様々なモノ、一瞬で完璧に手放すことなんてできないんです。
家族のことを考えたら・・・ 子供の成長とともに変わるライフスタイルを考えたら・・・ 今はいらない。ならいらない。という言葉でかたづけられな複雑な思いなど 

すぐにできる人もいるかもしれません。
でも困っている人のほとんどが、悩んでどうしようと思っているモノと何度も何度も向き合うことで、手放したり大切にしたりできるようになるんだと思います。
 

かくいう私は、捨てられない魔
この番組見ながら こんまりさん目線でキッチンを見渡したら、やっぱり出てきた手放すもの。
1時間の間にキッチンの片付けしながら8点ほどの不要品が出てまいりました。

もちろん、捨てずにリサイクルショップ(エコリング)へ持っていく予定。

でも、昨日までは必要だと思っていたんです。
こんまりさんが我が家に来たら・・・と思ったら、手放せたんです。 (まだまだ未熟です・・・)

片付けは自分意思が大切ですが、
他人目線 が背中を押してくれますよ!

NorthBlue 西海佳世 への整理収脳申し込み・お問い合わせこちらまで 

◆ランキングに参加中◆
【ポチッ】っと2つお願いします
↓↓↓↓↓
                  ↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ  


ブログの更新案内はこちら 

THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

西海佳世 (にしうみかよ)

西海佳世

Author:西海佳世
NorthBlue 整理収脳オーガナイザー 西海佳世のココロとお部屋のお片づけ「整理収脳」で毎日の生活をより快適に!リバウンドしない片付け脳に変えて心もお部屋もスッキリ

読者登録



提供:
PINGOO!
[メール入力→クリック]で
ブログ更新をお知らせします 
くわしくはこちら
今までの記事一覧

楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。